MENⅡ族χ

そば煮るね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うどん三昧 とく彦(鎌倉)

◎お昼のおまかせコース 2000円

DVC05701.jpg

約3年ぶりの訪問。
雨降りしきる中、鎌倉駅からウォーキン約20分。
閑静な住宅街へ。
前来たときはバイクだったので、歩きで新鮮。

DVC05702.jpg

with 蔵軍団 feat.うさP。
DVC05704.jpg

シュワシュワ、来ましたよ~~

DVC05703.jpg

昼麦酒が、程良く回ってきました。
居心地良すぎて、ひと眠りしたくなっちゃう空間。
ほかの皆は、ポン酒へ切り替えなど~~

DVC05706.jpg

最初の一皿は、サラダ。
醤油豆に鳴門若芽、宇和島ジャコ天入り~
イワシの揚げたんも付いてます。
トマトは、ブルーベリーに漬けこんだやつ。

DVC05705.jpg

お皿を空けると、小鉢で冷ぶっかけ登場。
ぶっとい麺と、黒胡麻が特徴的。
ダシが、なんか複雑で何層にも重なる味わい。
やっぱ凄いわ!

DVC05707.jpg

前の空いた皿は取っておく~

DVC05708.jpg

ムキムキの麺を啜ったならば、

DVC05709.jpg

めかぶドレッシングにも浸してみる。
これ大将推奨のノウハウ(公式HPに記載あり)。

DVC05710.jpg

次なるお皿。
みそ田楽。
味噌は、香川のオデンに付けるぶんみたいなん。
茄子の下には鶏肉が鎮座。

DVC05712.jpg

続いて、温きつねうどん登場。
これはレギュラーサイズ。
このダシもまた、丁寧な仕事ぶりを伺わせる手の込んだ仕様。

DVC05714.jpg

やっぱりこれも、前の空いた皿を取っとくんです。

DVC05713.jpg

温の麺でもひるまない力強さ。

DVC05715.jpg

そいつを味噌にディップ。
面白~~い♪

DVC05716.jpg

揚げは、甘さ控え目。

DVC05717.jpg

〆には、雑穀ご飯。

DVC05718.jpg

半分位食べ終わったところで、先程飲み残したうどんのダシを投入。
うどんダシ茶漬け~~

DVC05719.jpg

最後に、トマトのブルーベリー漬けを頂きました。

DVC05720.jpg

お冷の底に沈む物体、ナンと“化石”だそうです!
何の化石で、どういう効果があるのかは不明(笑)

DVC05711.jpg

とにかく、お店も個性的。大将のキャラも、立ってる。
料理も独創的。
なにからなにまで、ここでなければ味わえないテイストに溢れてます。



◆うどん三昧 とく彦
神奈川県鎌倉市二階堂58-11
[ 2012/06/09 23:38 ] うどん 関東うどん | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。