MENⅡ族χ

そば煮るね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

野口製麺所(東村山)

◎あぶらうどん 700円
【2011年507】

◎もち豚キムチぶっかけ 800円
【2011年508】

DVC03126.jpg

10月に入り、2品が新たにラインナップ。
ともに東北支援うどん(売り上げの一部が義捐金として寄付されます)

DVC03128.jpg

第1弾としてお目見えしたのが「あぶらふうどん」。

DVC03129.jpg

油で揚げられた大振りの麩がドドンと3個。
丼投入前の(ドライな)麩も試食させてもらいましたが、まんまフランスパン。
これが麩か!と驚きの食感。

DVC03131.jpg

シャープなダシが麩に染み入っていきます。

DVC03132.jpg

「南部小麦全粒粉」仕様の麺。
うどん、よりも、ソバだろ?てなビジュアル。
それも讃岐ソバ(笑)。モゾモゾっとした口当たり。
小麦の玄米。ワイルドな小麦感がふんだんに。

DVC03133.jpg

お次に控えしは「もち豚キムチぶっかけ」。
 
DVC03130.jpg

ピリ辛味噌のもち豚+マイルドなキムチ、そしてコクのある甘めなダシでバランスを取ったぶっかけうどん。

DVC03134.jpg

こ、これは…
「キムラ君」じゃあーりませんか!(笑)

DVC03135.jpg

「ゆきちから」「ねばりごし」で打たれた麺。
ブリグリっとした強い食感、異彩を放つ個性的な麺です。
もち豚&キムチとの絡みも上々。

DVC03136.jpg

おあいそを済ませると「時間があったら、そこで“考える人”になって、待ってて」と、大将。
暖簾が引っ込むまで、テラス席で暫しマッタリと。
何も考えてなかったので、“考える人”とは、ほど遠いw

DVC03137.jpg

「必須課題だよ」と、大将からお心遣い。
(いつも有難うございます)

DVC03138.jpg

「卵しょうゆうどん」。
ツルモチプルン、と素敵な口触り。
嬉しいデザート(?)

DVC03139.jpg

この卵を産んだ、看板娘の「ニワ子」(笑)。

DVC03127.jpg

「udon fantasista 2011」のポスター、注目されてました。

DVC03125.jpg



◆野口製麺所
東京都東村山市野口町4-46-1
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。